京都府で、事業承継の問題解決ならここをチェック!5選

京都府で、事業承継の問題解決ならここをチェック!5選を紹介します。

事業を営んでいる中の最大の難関のひとつに次世代にバトンタッチする「事業承継」の問題があります。

まだまだ先のことだと先送りしがちですが、年月はあっという間に経過してしまうものです。

いざとなったときに後継者が見つからない、事業のことを知らない後継者しかいないとなった時、取引先に不安感や信頼感を失墜しかねません。

また相続税でももめたりと事業に悪影響が出てきてしまいますので早い段階からこの問題に取り組んでおく必要があります
「後継者の検討」では会社内部や親族などにいる場合は、この機会に経営全般を見直したいときは経営コンサルタントに、相続紛争に懸念がある場合は法的専門家に等承継にかかる様々な問題についてをそれぞれの専門家に相談することをお勧めします親族や社内に後継者が見当たらない場合は事業引継ぎセンターの活用などの方法があります。

「事業承継計画」は中長期の経営計画に事業承継の時期や具体的な対策を入れた事業計画です。

スムーズな承継と会社の状況を正確に把握することにも役立ちます。

「事業の経営の仕方や理念などの承継」は事業を継続して展開していく中で重要です。

今後業種の拡大や方向転換を余儀なくされるとしても長い間培ってきたノウハウや理念を理解しておくことが今後の発展につながります。

「自社株・事業用資産の承継」は実際に運営していく中で資金面の調整をしておくことでスムーズな承継が出来ます。

後継者が連帯保証人になることが求められてしまうことが多くみられますので、現況をしっかりと把握して債務をできるかぎり圧縮して処理しておくことが大切です。

「承継にかかる税金」を知る必要があります。

京都では中小企業の事業承継を力強く後押しするためとして、平成30年度税制改正においてその際の贈与増・相続税の負担を軽減する事業承継税が今後10年間に限って拡充されます。

詳しくは京都府のホームページを確認することをお勧めします。

以上が事業承継対策で押さえておきたいポイントとなります。

税制30年、事業承継問題について2018

事業承継とは企業で経営者を後継者に譲渡することであり、日本では経営者の子供や親族に移譲するケースが多いのですが、現在は親族ではない全くの第三者に内部昇格やヘッドハンティングなどで後継者にする場合も増えています。

事業承継で経営者の子供や親族に移譲する場合には生前であれば贈与税の対象になりになり、死亡時では相続税の対象になりますが、平成30 年の税制改正で非上場株式などに関係する贈与税と相続税が一定の要件に該当していなければいけませんがその納税を猶予し、その納付が免除される制度が制定されました。

これは株式などの移譲を受けた後継者が死亡するなどのケースが発生した場合であり、この事業承継税制については以前から同種の優遇措置がありましたが、平成30 年度税制改正では今までの措置に加えて10年間の期間限定ですが納税猶予に該当する非上場株式などの保有制限が撤廃され、納税猶予割合も80~100%に引き上げられるなど特例での措置が付加されていて、事業承継を必要としている企業にはとても有利な制度になっています。

個人でも多額の資産を所有している人はいますが、それが企業になるとその額は莫大になる場合が多く、事業にとって経営者の交代で自分の親族を後継者にしたいと考えるのは親心で当然だと言えますが、親族への資産の移譲になってしまうために相続税と贈与税が今までは大きな問題になっていました。

その理由も一つにあって親族ではない後継者を選定する企業が増加傾向にあり、本人の能力で経営者を選べるので企業にはいい結果をもたらせてくれますが、現在の経営者の子供に自分が育てた事業を継続して欲しいという意思も尊重すべきです。

政府によるこの税制改正はそのような人間が当然に持つ心情を考慮したものであり、この税制改正でどのくらいの効果があるのかまだわかりませんが、少なくとも現在経営者で近い将来に経営者の交代を考えている人には選択肢が増えたと言えるでしょう。

 

2018’’事業承継の悩みと、確認事項!

事業承継とは具体的に経営権や自社株式、事業用資産の承継のことを指していて、これらの承継の前には経営に関する理念やビジョンを後任者と共有する作用が必要になります。

会社としては今後も存続するためにどのように事業承継を進めるかは非常に重要な問題であり、準備が遅れると後継者を確保できなくなったり、会社の体制をそのまま引き継ぐことができません。

実際に動き出す時の悩みとして多いのは、どれくらいの時間を必要とするのかを把握するのが困難だという点であり、先送りしてしまう企業が多いようです。

できるだけ早めに進めておくことが重要であり、そのためには会社の体制を速やかに整えておく必要があります。

規模が大きくなると5年以上の期間が必要となりますので、経営者の年齢を考えて早めに取り掛かりましょう。

後継者選びや教育についても悩みを抱えることがあります。

後継者選びでは、経営ビジョンや意欲、能力などが重要なポイントになり、自分がリーダーになって会社の運営を行なうという覚悟も必要です。

教育に関しては、現在の経営者の理念や知的資産を承継することが前提となり、価値観や信条を共有しておくことも忘れてはいけません。

これらは承継後の経営を円滑にするための大事なポイントであり、足りない部分があれば時間をかけて取り組む必要があります。

税金についての悩みを多く耳にしますが、事業承継の際には相続人が後継者一人で相続財産が株式だけの場合には自社株式の評価額によって相続税が決められています。

また、生前継承する時には自社株式の株価を下げて評価額を低く抑えるための対策を行なわないと相続税よりも高い税率がかかって負担が大きくなりますし、現経営者には所得税もかかりますので、後継者に買い取り資金があるかというのも重大な問題です。

古参社員の扱いについても、誤ると経営を揺るがしかねません。

古参社員が他の社員から信頼されていると後継者に味方がいないという状況に陥ることもありますので、古参社員の共感を得られるような誠意を持った対応をしなければなりません。

NPO法人の事業承継の有意義な解決方法

NPO法人の事業承継の有意義な解決方法

NPO法人は、一般に営利を追求する会社法に基づく法人とは異なり、特定非営利活動促進法に基づく法人という位置づけにあります。このようなNPO法人は都道府県の認証を得て、設立登記を行うことにより成立する法人であり、事業目的や財務内容について一定程度の監督官庁の確認が行われている状況にあるため一般的なオーナー社長が抱えるような赤字会社の事業承継といった問題からは少し遠い位置にあるということが言えるかもしれません。

しかしながら、その事業の目的が非営利目的とされており、例えば障害児のためのサポートや、高齢者向けのサポートなど一定の資格や専門の知識がないと対応できない分野などを業務として担当している場合があり、この場合には事業を承継しようにも後継者にそのような能力がある人がいるのかといった問題があります。また、このNPO法人の場合には、設立者の思いで設立されているものが多く、自分は報酬など多くを求めなかったとしても事業承継者がそのような待遇でよいのかという点も問題になってきます。

では、同じ非営利目的の法人同士で事業を行えばよいのではといって、一般の会社のようにM&Aが検討の遡上に乗ってきたとしても、監督官庁の手続や設立者同士の思いの違いなどからうまくいかないケースも出てきます。

このような事態の解消方法の一つに、中小企業支援という特定の目的を持っている場合に限定されますが中小企業庁が所管する事業承継補助金を活用する方法があります。この補助金については、もともとは地域経済に貢献する中小企業において事業承継を行う場合にスムーズに行えるようにと事業承継を行う際に経営革新を行う場合に上限200万円、事業転換を行う場合には上限500万円を補助するというもので、中小企業者と連携して事業を行うNPO法人などといった要件設定のもとにNPO法人もこの補助金を活用できる状況です。中小企業でも可能な補助金活用ですので、承継後の事業を見据えた投資の原資にこの補助金を活用し、その浮いたお金を承継人の処遇に充てるという選択もできるのです。

静岡県で、事業承継の問題解決ならここをチェック!5選

近年の日本は正社員の権利拡大により事業を行うよりも社員でいる方がリスクが低くなってきています。

そのため事業者となるよりも社員として働くことの方が選択しやすい社会となっており、事業を行うインセンティブが低くなりつつあります。

経済の核は人口問題でありますが、都市圏は伸び、地方は減少する傾向にあり、地方での働き手も減ってきています。

これは核家族化が進み、家族がより効率的に働かなくてはならないため、通勤時間など働く時間以外の時間を確保するためでもあり、また、共働きによってしか以前の生活水準が保てなくなってきているためでもあります。

静岡県は東海道のど真ん中にあるものの都市圏とは言いがたく、人口は伸びていかない見通しであるため、今後の発展の見通しは低い。

そのため、静岡では現在の事業者が事業承継を行おうとしても、有能な人材を得難いという問題が起こっています。

一方、人口が減ってきているため地価が下がっていると言う現実もあります。

これは事業を行うには有利な条件であり倉庫や工場といった大きな面積を必要とする事業を行う際にはコストを下げられると言う利点となります。

現実問題として収入は減り生活費は上がっていると言う状況にある中コストを下げられると言う条件は社員の給料をあげられると言う意味では大きなインセンティブとなります。

静岡県は東京とも名古屋とも近く、立地の面では他の地方に比べて有利な土地であるため上に述べたような工場や倉庫といった事業が起こしやすいのではないかと考えられます。

したがって静岡県で事業承継を行うのであればこのような事業であることが大事であり特に東京や名古屋といった大きな産業がある都市との連携が非常に重要となってきます。

具体的には都市圏へのアクセスをより便利とするために新幹線通勤や高速バス移動なども労働条件として加えるといったことも考えるべきであります。

以上から考えますとポイントを抑えれば静岡県でも事業承継を行う事は難しくなくむしろ他の地方に比べては有利な条件であると考えられます。

企業買収の意義と、今後のM&A案件について

企業買収とは企業が別の既に存続している企業を株式の購入や金銭で買い取り、その経営権を取得する方法を言いM&Aと一般的には呼ばれています。

企業買収を行う意義は事業規模を拡大することが最大の理由であり、事業規模を拡大する方法では別の企業を買収することでその企業が持っていた市場を譲り受けるというものや、自分の会社が持っていなかった技術や業主のノウハウを持つことで他の分野に進出する足掛かりにするという場合もあります。

日本ではM&Aは当事者双方が話し合って友好的に協議が進められて企業買収が行われるケースが多いのですが、海外では資本力で株式を大量に購入して経営権を移譲させる敵対的買収が多くあり、日本でも敵対的買収が行われるようになりましたが、就業している会社に対する考え方が海外と日本では異なっているため、日本では敵対的買収をしてそれがうまくいくというのは限られています。

現在の日本で多く行われている企業買収はベンチャー企業で革新的な考え方をしている企業が資金不足に陥り、その企業の技術を評価した資本力の高い企業による資本提携によるM&Aが盛んに行われるようになってきました。

この方式では買い取る側は新しい技術を持つことができて新規事業に乗り出すことができ、買収された側も資金という根本的な問題が解決されて自分たちが行っている事業を継続できるため、両社にメリットがあって友好的な企業買収になっています。

ただし買収された側の経営者は退陣や影響力の低下といったデメリットが発生しますが、そこで働いている従業員の雇用を確保してくれるなど社員にとっては意義のあるものになっているのは間違いありません。

これからの企業買収は大会社が魅力的な事業を展開している企業を傘下に収めるという方式が多くなっていき、買収というよりも提携という意味合いが強くなっていくでしょう。

企業といっても人間が動かしているものなので、企業買収を行う場合には特に日本では人間が持つ感情について留意していく必要があります。

親子の事業承継で注意すべき点と、事例集

経営に手腕を発揮する有能な社長の子供でも、全て優秀な経営者になれるわけではありません。

お互いが何となく事業を継ぐのだろうと曖昧に考えているのであれば「親子の事業承継」は注意すべき点が少なくありません。

経営上の重要な情報や経営者としての肝心な仕事については、理解し合っていない場合も多いのです。

経営スキルは育成することも可能ですが、経営者としての能力は本人の自立と自律が必要ですので、事業承継を間違ってしまうと会社自体をダメにしてしまう恐れさえ出てきます。

従業員に理解される公平な人事評価を行うことができない人材であると昇進のモチベーションが低下してしまう懸念も生まれます。

家族経営は、ともすれば公私混同を招き会社の私物化に繋がってしまいます。

社長の後継者に子供を指名することは、同族の家族でなければ社長になれないことを意味します。

会社を私物化せず公私混同を回避するためには、役員は同族以外の人材を指名することが健全性を保持する方法の一つです。

社長を子供に承継し、役員まで同族の家族で固めてしまうと、従業員は社長一族のために働かされているという印象を多大に持ちかねません。

親子で事業承継をする場合は、兄弟姉妹が複数存在するときも注意が必要です。

兄弟姉妹の全員が会社内にいて、すべての兄弟姉妹が役員に就いた場合、中小程度の規模の会社なら「長男派」「長女派」などの派閥が生まれることも懸念され、誰を推すかで社内が二分三分してしまう恐れも出てきます。

会社全体の雰囲気が悪くなるだけではなく、経営状態まで悪化させる事態も招きかねないのです。

兄弟姉妹を複数子供にもつ社長は、社長が亡くなった後や生前の承継であっても、トラブルが起きないように事前の準備が必要不可欠です。

予防策としては、株式の持ち分割合や議決権の制限など種類株式の活用も視野に入れておくことが得策と言えるでしょう。

親子間の事業承継は想定外のトラブルも多く起きる場合があるので、早めにアドバイザーなどに相談しておくことも重要です。