他人に事業承継しても大丈夫!?その危険性と問題点

事業承継とは会社の経営を後継者に引き継がせることであり、一般的には自分の子供や親族に承継させることが多いのですが、外部の血を入れて会社運営を活性化させるために親族ではない他人を内部昇格やヘッドハンティングで就任させるケースも現在は増加しています。

親族の場合は前経営者の考えや方針を踏襲してくれる可能性が高いというメリットがありますが、その経営能力について全くの未知数の場合もあって最初は内部にいた人が行って、経営に足る実力を備えてから経営に参加するという方法を行っている場合もあります。

他人に事業承継する場合にはその人の実力や経営手腕を評価対象にして行われているため、最初からある程度の経営に関する技量は持っていると判断されるので安心できる部分があると同時に前経営者とは違った考え方をしている人が多いので、事業の方針転換や内部改革を積極的に行うことで会社を大きく成長できる可能性を持っています。

ただしその危険性で新しい分野な挑戦する考え方は間違っていませんが、事業というのはそれまでの既存の種類とは違う分野に手を出すと失敗して本業に大きな打撃を与えるということが発生するため、チャレンジ精神は持っていなければいけませんが失敗というリスクがあるのも認識していなければいけません。

問題点であるのは、株式会社の場合は前の経営者とその親族が株式の大部分を保有していて、会社の経営に関して口を挟みこみやすいという点です。

経営権がなくても株式保有率が高ければその経営に対して口を出すのは株主の権利であり、特に前経営者という肩書きの強さはそんなに簡単に消え去ることができるものではないので、その動きが活発化すると現在の経営者との軋轢が発生して会社の運営にも悪い影響を与え兼ねないでしょう。

会社が継続する限り事業承継は必ず行われますが、次の後継者を誰にするかによってその会社が発展することもあれば失速することもあるため、どのような基準で後継者を選ぶのかというのはとても重要な問題です。

廃業するなら、事業承継が無理でも売却の可能性が!

近年、中小企業にとっては事業承継問題は大きな課題となっています。

多くの中小企業は経営が苦しく、そんな中で世代交代の時期が近づくと、突き当たる大きな課題なのです。

子供が居なければ、社員の誰かに承継させる事を考えるでしょうが、中小企業では事業を任せて引き継げる優秀な人材が少ないのが実態でしょう。

また子供が居てもこの悩みは同じです。

経営者は資金繰り等の中小企業経営の大変さを嫌というほど経験しており、そんな苦しみを自分の子供にさせたくないと考えるのが一般的と言えます。

しかし、その一方で愛着ある事業を何とか残したいと言う想いもあり、また事業承継できずに廃業すれば、従業員が路頭に迷う事となり、経営者として雇用責任も無視できず、何とか事業承継できればと言う想いも簡単に捨てられず、両方の想いの中で揺れ動き、悩みを深めます。

この悩みを解消できるかも知れない解決手段として、事業承継か廃業かではなく、実は第3の道の可能性もあるのです。

それは事業を売却すると言う道です。

廃業すれば従業員は解雇せざるを得ませんが、事業売却なら、相手先との交渉によっては、従業員を含めた会社丸ごと売却できる可能性もあり、これなら雇用責任はある意味全うできます。

また自分が情熱を傾けて育てて来た事業が、売却先の会社で社会に役立ち続けてくれるなら、事業承継できない無念さも軽減できると言うものでしょう。

ただし、どんな企業でも売却先が見つかる訳ではありません。

買い手が付くと言う為には、コアテクノロジーやコアコンピタンスにキラリ光るものがあり、さらに経営状態もそこそこでなければならないと言った条件も厳しいのです。

事業承継問題を考える年齢になれば、できるだけ早期に事業承継・M&Aに詳しいコンサルタントに相談し、どの道を選ぶべきかを検討すべきです。

そして事業売却の道を選ぶとなれば、自社の価値を買ってくれる企業をコンサルタントに紹介してもらい、じっくりと交渉する事が大切と言えます。

 

事業承継のタイミングは、非常に重要!?注意点まとめ

事業承継の問題は大企業よりも中小企業のほうがより重要です。

なぜなら企業自体の信用以上に現経営者に対する信頼が大きいため、事業を承継した途端にこれまで築いてきた取引先や金融機関との関係が揺らぎかねません。

その結果経営状態に悪い影響を及ぼす可能性があります。

したがって、事業承継のタイミングには慎重さが求められます。

ある調査によると年齢を基準に適切な承継時期を見た場合、40代が最も良いと答えた割合が高かったようです。

もっとも事業内容や引き継ぐ人の技能や人格などによるため一概には言えません。

そこで事業承継を考えるきっかけを分析すれば、何らかのヒントにたどり着けるはずです。

一般的に経営者の年齢が高くなるにつれて売上が下降する傾向があります。

それは経営者個人の問題や社会の推移による経営環境の変化などが要因として考えられます。

つまり社会のニーズへの感覚や改革への意欲は成熟した経営者では持ちにくい側面です。

社会とのズレを認識し始めたり、認識はあっても経営をマッチさせる意欲に乏しくなったときも事業承継のタイミングといえそうです。

当然ですが、その前に事業を引き継ぐ人間の育成が不可欠で、現経営者の考えだけで突然発案できる問題ではありません。

では育成面を考えてみましょう。

現経営者の親族に引き継ぐ場合は、初めから事業承継させることを見越して社内で経験を積ませつつも、経営者として適任かどうか判断します。

一方で親族以外のたとえば従業員に引き継がせる場合は、仕事に対する考え方や能力、人格などを十分見極めた上で選択します。

親族は選択肢が少なくやや客観性が乏しくなりますが、親族以外ならばふさわしい人材を見つけ易くなる点がメリットです。

規模がより小さな企業は親族等に引き継ぐ割合が高いですが、もう少し規模が大きくなると親族以外に任せるケースが出てくるのは、そうした事情が考えられます。

ただし、これらは一例に過ぎず絶対的なものではありません。

事業承継のタイミングに迷うようでしたら公的な支援窓口などもあるので相談して最適な答えを見つけましょう。

事業承継の制度的な問題点と、その他の解決策

少子高齢化社会が進み、これまで日本経済を引っ張ってきた会社の経営者も一線を退く時期が来ようとしています。

しかし、肝心の後継者がいないということで困っている会社も少なくありません。

また、後継者に引き継がせようとしても、問題が多くてスムーズに事業承継ができないケースもあります。

そういったことで事業承継を推し進めるために、国が支える制度として事業承継税制があります。

平成20年に年に成立し平成30年に改正されたこの制度では、事業承継を行うときに納めなければいけない相続税や贈与税の猶予、免除を受けられるというもので次の世代に会社を渡しやすくなります。

ただ制度としての問題点もあることは事実で、相続税や贈与税の猶予、免除を受けるためには様々な要件を満たさなければいけません。

例えば相続税の納税猶予についていえば、申告してから5年間は後継者が会社の代表であることや後継者が筆頭株主であること、納税猶予対象学識を保有していること、上場会社や風俗営業会社資産管理会社に該当しないこと、が要件となります。

もし、この要件を満たさなければ猶予措置は打ち切られて、猶予されていた相続税を全額、利子税と合わせて納付を強いられます。

平成30年の改正前までは相続時の従業員数を5年間は80%以上にするということもありましたが、やむを得ない理由があるということを書類で都道府県に提出できれば猶予の打ち切りはされないので多少は緩くなったと言えます。

それでも一つ間違えれば大きな支払い負担がのしかかってくることは間違いありません。

せっかくの制度なのにそのようなリスクに怯えて会社経営をしていかなければいけないのは困ったものです。

そしてもう一つの問題は制度ができてそれほど年月が経っているわけではないのでよく内容を理解してない税理士もいることです。

それならばいっその事制度に頼らず、M&Aや後継者人材バンクを使って外部の有能な経営者に会社を任せるということも解決策の一つです。

生え抜きの経営者でないので、従業員を守ってくるのかという心配もありますが、会社が無くなることを考えれば一つの道ではあります。

 

事業承継のパターン7選と注意点

一般的に事業承継のパターンとして多いのは、親族内での承継です。

現在の経営者の息子などが事業を継ぐという形であり、もっともオーソドックスな方法となっています。

昔はほとんどがこの親族内での承継でしたが、最近では能力のある社員が継ぐべきだという風潮になっていますので、割合としては減少しているようです。

親族を選ぶ場合には会社に所属する人たちに受け入れられやすいので、争いが起こる可能性は低くなりますし、現経営者の経営理念をしっかりと受け継ぐことができますので、体制を変えずにそのまま運営を行なうことが可能です。

また、引継ぎまでにしっかりと準備を行なうことができてスムーズな承継が行なえるというのもメリットであり、税金関連も十分な対策を行なってから実際の継承に進むことができます。

このように良いことが多いイメージがありますが、経営権の集中でトラブルになることがありますし、後継者以外の相続人への相続財産の分配が公平に行なわれなくなるといった問題もあります。

親族外承継のパターンでは役員や従業員、あるいは社外の有能な人材の中から事業を継承する人物を選定するのが普通であり、優秀な経営者を求めることができるというのが最大のメリットです。

役員など元々社内にいた人なら経営の一貫性や一体性が維持されやすいので、反発が少なくなります。

外部から選ぶ場合には会社組織との調和において問題が発生することもありますので、十分に注意しなければなりません。

近年では、M&Aによって会社を売却するケースも増えています。

大手だけでなく中堅や中小企業でもM&Aによる事業承継が増加していますが、この場合の最大のメリットは最適な後任者がいなくても事業を続けることができる点です。

買収をする側は資金力があるのが一般的ですので、現経営者は多額の売却利益を獲得することになり、その後の人生も非常に豊かなものになります。

気をつけなければならないのは会社組織との不調和であり、役員や従業員が反発すると経営はスムーズにいかなくなります。

企業買収のネット企業と、サイトのまとめ

時代は、インターネットの躍進により急速に変化が進んでいる状態で、それは企業買収においても同様のことが言えます。

企業買収は、昔よりも件数が増えているのが特徴になります。

大企業の場合は別ですが、中小企業はその企業を承継する人がいなければ会社をたたむのではなく誰かに引き継がせることで企業の寿命も存続していくことになります。

止むを得ずに会社が倒産してしまう場合ならば仕方ありませんが、そうでなければ顧客の為にもそこで働いている従業員の為にも継承させるのが一番よい考え方と言えるでしょう。

ただ、知り合いや身内に企業を承継したいと考えている人がいなければ意味がありません。

そこで、インターネットの企業を媒介して企業買収をしてもらう必要があります。

インターネットの企業の中には、マッチングを専門的に行っているところもありますので積極的に選んでみるべきです。

どのようにマッチングするかといえばマッチングサイトに会社を買収したい人が登録をしておきます。

一方で、自分の会社を買収して欲しいと考えている経営者がそのマッチングサイトに登録すると、自動でマッチングが行われます。

いわゆる、結婚相談所のようなシステムと考えておけばよいでしょう。

ただし、買収する側もそれなりに条件をつけたがる傾向がありますので、条件に合うところでないとそもそも買収の話が進んでいかないでしょう。

一方で、会社の経営者もまた会社を引き受けてくれる人に対して条件をつけたがる傾向があると言えるかも知れません。

そうすると、いくらマッチングサイトを利用したとしても双方が同じ条件になることは宝くじの1等を当てるぐらい難しいことになってしまいます。

そこで、会社経営者サイドとしては可能な限り、会社を引き受けてくれる人に対する条件を緩くするしか方法はありません。

一方の会社を買収する側も自分達の条件を下げることで会社を買収しやすくし、短期で話をまとめていきます。

事業承継ができない場合の、解決パターン5選

いろいろな会社や個人が他の会社の事業承継するということは良くあります。自分の会社の弱い部分を強く補強するために、その部分が強い小さな会社を買収するというケースや、一般個人であれば、親や親族経営している会社を引き継ぐといったケースまで、いろいろなパターンがあります。

一般的には、名義を変更という形や、さまざまな契約書を交わすことで、事業承継することはできますが、うまく承継することができないといったパターンも少なくありません。また、承継する人によっては、デメリットやリスクの方が大きいといったこともあることから、注意した方が良いこといろいろあります。事業承継ができない場合にはいくつかの解決パターンがあります。

事業承継ができない場合の、解決パターン5選

まず、ひとつめは、もともとの経営者を役員のような立場を付けて承継するというやり方です。買収などをした場合、今までの会社のやり方を誰も知らないということで、承継できなかったり、実務上処理方法が分からないというケースがとても多くあるため、もともとのスタッフを期間限定であっても、スタッフとして引き継ぐことも重要なことです。

2つ目は、会社の名前を変えて引き継ぐことです。もともとあった会社の名前をそのまま続けるということも多いですが、新しい名前に変えることで、今までのスキルも保ちながら、新しいものとして改革することができます。

3つめは一時的に休業という形をとってから営業することです。休業という形をとることで、リニューアルといったことにつなげられるので、とても良いです。

4つめはお金の問題を解決することです。承継できない背景には、負債などお金にまつわる話があります。これをクリアせずに事業承継しようとしたら、できなかったということもあります。

5つめは自分名義にしない解決法です。自分の配偶者や親族、子供の名前を代表の名義にし、事業を承継することで、事業を継ぐことできないものを解決することでできるようになることもあります。

事業承継がうまくいかないケースと、その意外な解決方法

事業承継がうまくいかないケースと、その意外な解決方法

経営難になった時、今までの事業を継続させていくだけではこの先経営がうまくいかないと思われる時に効果的な方法としてM&Aがありますが、M&Aを行ったとしても必ずしも成功するわけではありません。成功しない可能性というのもあるので、うまくいかないケースなどもあらかじめ学んでおくようにすると良いものです。

うまくいかないケースというのは、日本式ではなく海外式のやり方だからということもあります。海外ではうまくいくやり方でも、日本では合わない、受け入れられない、というようなやり方というのはいくつかあります。日本は閉鎖的な企業というのも多く、また年配に受け入れられているような企業であればなおさら海外式はあわないということも考えられるものです。ですから海外式から日本式に変えること、日本のよいところを取り戻すことで解決できるということもあるものです。

ちなみに、会社を救うためのM&Aであっても、M&Aを行うには多大な時間と費用がかかります。なのでそこで無駄に時間を使ってしまったり費用を使い込んでしまうと、成功しないこともあります。費用をかける部分のバランスを間違えると、企業の破滅にもなってしまうでしょう。M&Aは企業を良い方向にも導きますし、破滅にも導くものです。そして中小企業でも可能ですが、早まらないようにもすることが大事です。

時期は丁度良いか、リスクは少ないかなども考えておくと良いです。規模が小さく資金が少ない中小企業にとってM&Aは一種に賭けにもなります。ですから、いちかばちかで行うのではなくちゃんと計画的に行うようにもしましょう。経営に詳しい第三者にアドバイスを求めてみるのも良いです。身内ではなくまったく事業に関係していない第三者であれば利益関係なく冷静に正しい判断か考えてくれるでしょう。良い面ばかりを見ないで、悪い点、リスク回避などもあらかじめ考えておくことで、何か事件が起きた時は解決できることも多くなるものです。

税制30年、事業承継問題について2018

事業承継とは企業で経営者を後継者に譲渡することであり、日本では経営者の子供や親族に移譲するケースが多いのですが、現在は親族ではない全くの第三者に内部昇格やヘッドハンティングなどで後継者にする場合も増えています。

事業承継で経営者の子供や親族に移譲する場合には生前であれば贈与税の対象になりになり、死亡時では相続税の対象になりますが、平成30 年の税制改正で非上場株式などに関係する贈与税と相続税が一定の要件に該当していなければいけませんがその納税を猶予し、その納付が免除される制度が制定されました。

これは株式などの移譲を受けた後継者が死亡するなどのケースが発生した場合であり、この事業承継税制については以前から同種の優遇措置がありましたが、平成30 年度税制改正では今までの措置に加えて10年間の期間限定ですが納税猶予に該当する非上場株式などの保有制限が撤廃され、納税猶予割合も80~100%に引き上げられるなど特例での措置が付加されていて、事業承継を必要としている企業にはとても有利な制度になっています。

個人でも多額の資産を所有している人はいますが、それが企業になるとその額は莫大になる場合が多く、事業にとって経営者の交代で自分の親族を後継者にしたいと考えるのは親心で当然だと言えますが、親族への資産の移譲になってしまうために相続税と贈与税が今までは大きな問題になっていました。

その理由も一つにあって親族ではない後継者を選定する企業が増加傾向にあり、本人の能力で経営者を選べるので企業にはいい結果をもたらせてくれますが、現在の経営者の子供に自分が育てた事業を継続して欲しいという意思も尊重すべきです。

政府によるこの税制改正はそのような人間が当然に持つ心情を考慮したものであり、この税制改正でどのくらいの効果があるのかまだわかりませんが、少なくとも現在経営者で近い将来に経営者の交代を考えている人には選択肢が増えたと言えるでしょう。

 

2018’’事業承継の悩みと、確認事項!

事業承継とは具体的に経営権や自社株式、事業用資産の承継のことを指していて、これらの承継の前には経営に関する理念やビジョンを後任者と共有する作用が必要になります。

会社としては今後も存続するためにどのように事業承継を進めるかは非常に重要な問題であり、準備が遅れると後継者を確保できなくなったり、会社の体制をそのまま引き継ぐことができません。

実際に動き出す時の悩みとして多いのは、どれくらいの時間を必要とするのかを把握するのが困難だという点であり、先送りしてしまう企業が多いようです。

できるだけ早めに進めておくことが重要であり、そのためには会社の体制を速やかに整えておく必要があります。

規模が大きくなると5年以上の期間が必要となりますので、経営者の年齢を考えて早めに取り掛かりましょう。

後継者選びや教育についても悩みを抱えることがあります。

後継者選びでは、経営ビジョンや意欲、能力などが重要なポイントになり、自分がリーダーになって会社の運営を行なうという覚悟も必要です。

教育に関しては、現在の経営者の理念や知的資産を承継することが前提となり、価値観や信条を共有しておくことも忘れてはいけません。

これらは承継後の経営を円滑にするための大事なポイントであり、足りない部分があれば時間をかけて取り組む必要があります。

税金についての悩みを多く耳にしますが、事業承継の際には相続人が後継者一人で相続財産が株式だけの場合には自社株式の評価額によって相続税が決められています。

また、生前継承する時には自社株式の株価を下げて評価額を低く抑えるための対策を行なわないと相続税よりも高い税率がかかって負担が大きくなりますし、現経営者には所得税もかかりますので、後継者に買い取り資金があるかというのも重大な問題です。

古参社員の扱いについても、誤ると経営を揺るがしかねません。

古参社員が他の社員から信頼されていると後継者に味方がいないという状況に陥ることもありますので、古参社員の共感を得られるような誠意を持った対応をしなければなりません。