事業承継の費用まとめ&意外な解決方法

事業承継の費用まとめ&意外な解決方法

事業承継とは、中小企業等の事業承継予定のオーナー社長が築き上げた会社の創生期に事業を考えだし、営業先を回ってその商品等を説明して回り、また金融機関などから事業拡大のための融資を受けるなどしてきて成長あるいは維持させてきた現在の設備や従業員などを新しく経営する者に引き継いでいくものです。厳密にいうと会社は法人なので単に経営者が交代するというだけなのですが、このようなオーナー社長が築き上げた会社については社長の人柄や実績などを信用の対象と考え取引が行われ、また融資などが行われているという側面があるため単なる交代とは言えない側面があるのです。

この事業承継の方法論としては、一般的には親族、特に子どもに譲るという方法が通例でした。しかし、子どもはすでに独立し、大手の会社で出世している状況にあるなど当該会社を承継させることが子どもの人生にとってプラスとなるか躊躇してしまう事例も多くみられます。また、生え抜きの従業員に承継させるという方法もありますが、この場合は自分が所有している株式等も譲渡することが多く、従業員がこれらの譲渡に課される贈与税等に耐えられるだけのキャッシュを持っているかというまた別の問題があり、なかなかうまくいかないケースがあります。

このような中で一つの選択肢として考えるべきが事業譲渡による承継です。これは数十年前に流行したM&Aが最も身近な手法というところですが、会社の事業を承継を受ける会社に譲渡するという方法です。合併で法人格がなくなるというものではなく、独立した法人同士で、事業譲渡契約を交わし、それぞれの会社の取締役会で承認を得るというもので中小企業でも可能な手法です。

この手法を活用するための費用として法的なスキームを組む専門家のアドバイスや自社の営業に係る財産状況を明確にするため等の費用が必要となります。例えば、1億以下の譲渡額であれば、30万円以内等の専門家の相談料のほかに、株式等を譲渡する場合はその査定費用で0万程度から必要となってきます。若干費用がかさみますが、確実な承継を望むならこの手法を検討するとよいでしょう。

企業買収のアドバイザーは、無料で見つかる&注意点

企業買収のアドバイザーは無料で見つけ出すことが出来ますが、やはり注意しなければならない点があります。

まず、何故無料で見つかるのかという部分に疑問を持つことです。

お金がかからないということは、それだけ何か裏に隠されたメッセージがあるということなのでなるべく早く真意に気がつける様にしなければなりません、
初回だけ無料であって、最終的にはお金を要することとなればやはり本末転倒でしょう。

そうならないためにも、実際に頼んだ人の口コミを読んで自分に合うかどうか確かめる必要があります。

また、利用者の口コミであっても誇張しすぎているものや、そもそも利用経験がない人が書いたものの可能性もある為、情報収集こそ念入りに行っていくべきです。

アドバイスを頼む側だけに利点があるということはそもそも少数的なことなので、相手側はどういうメリットがあるのか的確に見定めていきましょう。

企業買収をするということは大きなお金が動くので、それにより利益を得ている場合もあるので、どういう風な習わしがあるのかついても細かく調べていくのが良いでしょう。

また、見つけ方としてもやはりネットを用いていくことで簡単に探し出すことが可能です。

場合によっては顔写真も掲載されているので、雰囲気もネットを通じてでも知ることができるためそこまで警戒心を持つこともないです。

本名が載っているなら、実際にこれもネットで調べて経歴を順に追っていく方法も本当に頼んでも良い相手なのか見極められます。

無料だからといって安易にお願いすると、後に高額請求されるケースもあるのでうまい話には気軽に乗らないように気をつけましょう。

また、実際に話を進めていくうちにおかしい雰囲気が漂っている、辻褄が合わない部分を感じたら、自分の直感を信じてそのまま降りてしまった方が良かったりします。

あまり過度な期待は持たずにアポイントを取った方が大きく落胆することもなく、また別な人を探そうという気力こそ湧きます。

京都府で、事業承継の問題解決ならここをチェック!5選

京都府で、事業承継の問題解決ならここをチェック!5選を紹介します。

事業を営んでいる中の最大の難関のひとつに次世代にバトンタッチする「事業承継」の問題があります。

まだまだ先のことだと先送りしがちですが、年月はあっという間に経過してしまうものです。

いざとなったときに後継者が見つからない、事業のことを知らない後継者しかいないとなった時、取引先に不安感や信頼感を失墜しかねません。

また相続税でももめたりと事業に悪影響が出てきてしまいますので早い段階からこの問題に取り組んでおく必要があります
「後継者の検討」では会社内部や親族などにいる場合は、この機会に経営全般を見直したいときは経営コンサルタントに、相続紛争に懸念がある場合は法的専門家に等承継にかかる様々な問題についてをそれぞれの専門家に相談することをお勧めします親族や社内に後継者が見当たらない場合は事業引継ぎセンターの活用などの方法があります。

「事業承継計画」は中長期の経営計画に事業承継の時期や具体的な対策を入れた事業計画です。

スムーズな承継と会社の状況を正確に把握することにも役立ちます。

「事業の経営の仕方や理念などの承継」は事業を継続して展開していく中で重要です。

今後業種の拡大や方向転換を余儀なくされるとしても長い間培ってきたノウハウや理念を理解しておくことが今後の発展につながります。

「自社株・事業用資産の承継」は実際に運営していく中で資金面の調整をしておくことでスムーズな承継が出来ます。

後継者が連帯保証人になることが求められてしまうことが多くみられますので、現況をしっかりと把握して債務をできるかぎり圧縮して処理しておくことが大切です。

「承継にかかる税金」を知る必要があります。

京都では中小企業の事業承継を力強く後押しするためとして、平成30年度税制改正においてその際の贈与増・相続税の負担を軽減する事業承継税が今後10年間に限って拡充されます。

詳しくは京都府のホームページを確認することをお勧めします。

以上が事業承継対策で押さえておきたいポイントとなります。

NPO法人の事業承継の有意義な解決方法

NPO法人の事業承継の有意義な解決方法

NPO法人は、一般に営利を追求する会社法に基づく法人とは異なり、特定非営利活動促進法に基づく法人という位置づけにあります。このようなNPO法人は都道府県の認証を得て、設立登記を行うことにより成立する法人であり、事業目的や財務内容について一定程度の監督官庁の確認が行われている状況にあるため一般的なオーナー社長が抱えるような赤字会社の事業承継といった問題からは少し遠い位置にあるということが言えるかもしれません。

しかしながら、その事業の目的が非営利目的とされており、例えば障害児のためのサポートや、高齢者向けのサポートなど一定の資格や専門の知識がないと対応できない分野などを業務として担当している場合があり、この場合には事業を承継しようにも後継者にそのような能力がある人がいるのかといった問題があります。また、このNPO法人の場合には、設立者の思いで設立されているものが多く、自分は報酬など多くを求めなかったとしても事業承継者がそのような待遇でよいのかという点も問題になってきます。

では、同じ非営利目的の法人同士で事業を行えばよいのではといって、一般の会社のようにM&Aが検討の遡上に乗ってきたとしても、監督官庁の手続や設立者同士の思いの違いなどからうまくいかないケースも出てきます。

このような事態の解消方法の一つに、中小企業支援という特定の目的を持っている場合に限定されますが中小企業庁が所管する事業承継補助金を活用する方法があります。この補助金については、もともとは地域経済に貢献する中小企業において事業承継を行う場合にスムーズに行えるようにと事業承継を行う際に経営革新を行う場合に上限200万円、事業転換を行う場合には上限500万円を補助するというもので、中小企業者と連携して事業を行うNPO法人などといった要件設定のもとにNPO法人もこの補助金を活用できる状況です。中小企業でも可能な補助金活用ですので、承継後の事業を見据えた投資の原資にこの補助金を活用し、その浮いたお金を承継人の処遇に充てるという選択もできるのです。

静岡県で、事業承継の問題解決ならここをチェック!5選

近年の日本は正社員の権利拡大により事業を行うよりも社員でいる方がリスクが低くなってきています。

そのため事業者となるよりも社員として働くことの方が選択しやすい社会となっており、事業を行うインセンティブが低くなりつつあります。

経済の核は人口問題でありますが、都市圏は伸び、地方は減少する傾向にあり、地方での働き手も減ってきています。

これは核家族化が進み、家族がより効率的に働かなくてはならないため、通勤時間など働く時間以外の時間を確保するためでもあり、また、共働きによってしか以前の生活水準が保てなくなってきているためでもあります。

静岡県は東海道のど真ん中にあるものの都市圏とは言いがたく、人口は伸びていかない見通しであるため、今後の発展の見通しは低い。

そのため、静岡では現在の事業者が事業承継を行おうとしても、有能な人材を得難いという問題が起こっています。

一方、人口が減ってきているため地価が下がっていると言う現実もあります。

これは事業を行うには有利な条件であり倉庫や工場といった大きな面積を必要とする事業を行う際にはコストを下げられると言う利点となります。

現実問題として収入は減り生活費は上がっていると言う状況にある中コストを下げられると言う条件は社員の給料をあげられると言う意味では大きなインセンティブとなります。

静岡県は東京とも名古屋とも近く、立地の面では他の地方に比べて有利な土地であるため上に述べたような工場や倉庫といった事業が起こしやすいのではないかと考えられます。

したがって静岡県で事業承継を行うのであればこのような事業であることが大事であり特に東京や名古屋といった大きな産業がある都市との連携が非常に重要となってきます。

具体的には都市圏へのアクセスをより便利とするために新幹線通勤や高速バス移動なども労働条件として加えるといったことも考えるべきであります。

以上から考えますとポイントを抑えれば静岡県でも事業承継を行う事は難しくなくむしろ他の地方に比べては有利な条件であると考えられます。

企業買収の意義と、今後のM&A案件について

企業買収とは企業が別の既に存続している企業を株式の購入や金銭で買い取り、その経営権を取得する方法を言いM&Aと一般的には呼ばれています。

企業買収を行う意義は事業規模を拡大することが最大の理由であり、事業規模を拡大する方法では別の企業を買収することでその企業が持っていた市場を譲り受けるというものや、自分の会社が持っていなかった技術や業主のノウハウを持つことで他の分野に進出する足掛かりにするという場合もあります。

日本ではM&Aは当事者双方が話し合って友好的に協議が進められて企業買収が行われるケースが多いのですが、海外では資本力で株式を大量に購入して経営権を移譲させる敵対的買収が多くあり、日本でも敵対的買収が行われるようになりましたが、就業している会社に対する考え方が海外と日本では異なっているため、日本では敵対的買収をしてそれがうまくいくというのは限られています。

現在の日本で多く行われている企業買収はベンチャー企業で革新的な考え方をしている企業が資金不足に陥り、その企業の技術を評価した資本力の高い企業による資本提携によるM&Aが盛んに行われるようになってきました。

この方式では買い取る側は新しい技術を持つことができて新規事業に乗り出すことができ、買収された側も資金という根本的な問題が解決されて自分たちが行っている事業を継続できるため、両社にメリットがあって友好的な企業買収になっています。

ただし買収された側の経営者は退陣や影響力の低下といったデメリットが発生しますが、そこで働いている従業員の雇用を確保してくれるなど社員にとっては意義のあるものになっているのは間違いありません。

これからの企業買収は大会社が魅力的な事業を展開している企業を傘下に収めるという方式が多くなっていき、買収というよりも提携という意味合いが強くなっていくでしょう。

企業といっても人間が動かしているものなので、企業買収を行う場合には特に日本では人間が持つ感情について留意していく必要があります。