企業買収のネット企業と、サイトのまとめ

時代は、インターネットの躍進により急速に変化が進んでいる状態で、それは企業買収においても同様のことが言えます。

企業買収は、昔よりも件数が増えているのが特徴になります。

大企業の場合は別ですが、中小企業はその企業を承継する人がいなければ会社をたたむのではなく誰かに引き継がせることで企業の寿命も存続していくことになります。

止むを得ずに会社が倒産してしまう場合ならば仕方ありませんが、そうでなければ顧客の為にもそこで働いている従業員の為にも継承させるのが一番よい考え方と言えるでしょう。

ただ、知り合いや身内に企業を承継したいと考えている人がいなければ意味がありません。

そこで、インターネットの企業を媒介して企業買収をしてもらう必要があります。

インターネットの企業の中には、マッチングを専門的に行っているところもありますので積極的に選んでみるべきです。

どのようにマッチングするかといえばマッチングサイトに会社を買収したい人が登録をしておきます。

一方で、自分の会社を買収して欲しいと考えている経営者がそのマッチングサイトに登録すると、自動でマッチングが行われます。

いわゆる、結婚相談所のようなシステムと考えておけばよいでしょう。

ただし、買収する側もそれなりに条件をつけたがる傾向がありますので、条件に合うところでないとそもそも買収の話が進んでいかないでしょう。

一方で、会社の経営者もまた会社を引き受けてくれる人に対して条件をつけたがる傾向があると言えるかも知れません。

そうすると、いくらマッチングサイトを利用したとしても双方が同じ条件になることは宝くじの1等を当てるぐらい難しいことになってしまいます。

そこで、会社経営者サイドとしては可能な限り、会社を引き受けてくれる人に対する条件を緩くするしか方法はありません。

一方の会社を買収する側も自分達の条件を下げることで会社を買収しやすくし、短期で話をまとめていきます。

事業承継ができない場合の、解決パターン5選

いろいろな会社や個人が他の会社の事業承継するということは良くあります。自分の会社の弱い部分を強く補強するために、その部分が強い小さな会社を買収するというケースや、一般個人であれば、親や親族経営している会社を引き継ぐといったケースまで、いろいろなパターンがあります。

一般的には、名義を変更という形や、さまざまな契約書を交わすことで、事業承継することはできますが、うまく承継することができないといったパターンも少なくありません。また、承継する人によっては、デメリットやリスクの方が大きいといったこともあることから、注意した方が良いこといろいろあります。事業承継ができない場合にはいくつかの解決パターンがあります。

事業承継ができない場合の、解決パターン5選

まず、ひとつめは、もともとの経営者を役員のような立場を付けて承継するというやり方です。買収などをした場合、今までの会社のやり方を誰も知らないということで、承継できなかったり、実務上処理方法が分からないというケースがとても多くあるため、もともとのスタッフを期間限定であっても、スタッフとして引き継ぐことも重要なことです。

2つ目は、会社の名前を変えて引き継ぐことです。もともとあった会社の名前をそのまま続けるということも多いですが、新しい名前に変えることで、今までのスキルも保ちながら、新しいものとして改革することができます。

3つめは一時的に休業という形をとってから営業することです。休業という形をとることで、リニューアルといったことにつなげられるので、とても良いです。

4つめはお金の問題を解決することです。承継できない背景には、負債などお金にまつわる話があります。これをクリアせずに事業承継しようとしたら、できなかったということもあります。

5つめは自分名義にしない解決法です。自分の配偶者や親族、子供の名前を代表の名義にし、事業を承継することで、事業を継ぐことできないものを解決することでできるようになることもあります。