京都府で、事業承継の問題解決ならここをチェック!5選

京都府で、事業承継の問題解決ならここをチェック!5選を紹介します。

事業を営んでいる中の最大の難関のひとつに次世代にバトンタッチする「事業承継」の問題があります。

まだまだ先のことだと先送りしがちですが、年月はあっという間に経過してしまうものです。

いざとなったときに後継者が見つからない、事業のことを知らない後継者しかいないとなった時、取引先に不安感や信頼感を失墜しかねません。

また相続税でももめたりと事業に悪影響が出てきてしまいますので早い段階からこの問題に取り組んでおく必要があります
「後継者の検討」では会社内部や親族などにいる場合は、この機会に経営全般を見直したいときは経営コンサルタントに、相続紛争に懸念がある場合は法的専門家に等承継にかかる様々な問題についてをそれぞれの専門家に相談することをお勧めします親族や社内に後継者が見当たらない場合は事業引継ぎセンターの活用などの方法があります。

「事業承継計画」は中長期の経営計画に事業承継の時期や具体的な対策を入れた事業計画です。

スムーズな承継と会社の状況を正確に把握することにも役立ちます。

「事業の経営の仕方や理念などの承継」は事業を継続して展開していく中で重要です。

今後業種の拡大や方向転換を余儀なくされるとしても長い間培ってきたノウハウや理念を理解しておくことが今後の発展につながります。

「自社株・事業用資産の承継」は実際に運営していく中で資金面の調整をしておくことでスムーズな承継が出来ます。

後継者が連帯保証人になることが求められてしまうことが多くみられますので、現況をしっかりと把握して債務をできるかぎり圧縮して処理しておくことが大切です。

「承継にかかる税金」を知る必要があります。

京都では中小企業の事業承継を力強く後押しするためとして、平成30年度税制改正においてその際の贈与増・相続税の負担を軽減する事業承継税が今後10年間に限って拡充されます。

詳しくは京都府のホームページを確認することをお勧めします。

以上が事業承継対策で押さえておきたいポイントとなります。