近年の日本は正社員の権利拡大により事業を行うよりも社員でいる方がリスクが低くなってきています。

そのため事業者となるよりも社員として働くことの方が選択しやすい社会となっており、事業を行うインセンティブが低くなりつつあります。

経済の核は人口問題でありますが、都市圏は伸び、地方は減少する傾向にあり、地方での働き手も減ってきています。

これは核家族化が進み、家族がより効率的に働かなくてはならないため、通勤時間など働く時間以外の時間を確保するためでもあり、また、共働きによってしか以前の生活水準が保てなくなってきているためでもあります。

静岡県は東海道のど真ん中にあるものの都市圏とは言いがたく、人口は伸びていかない見通しであるため、今後の発展の見通しは低い。

そのため、静岡では現在の事業者が事業承継を行おうとしても、有能な人材を得難いという問題が起こっています。

一方、人口が減ってきているため地価が下がっていると言う現実もあります。

これは事業を行うには有利な条件であり倉庫や工場といった大きな面積を必要とする事業を行う際にはコストを下げられると言う利点となります。

現実問題として収入は減り生活費は上がっていると言う状況にある中コストを下げられると言う条件は社員の給料をあげられると言う意味では大きなインセンティブとなります。

静岡県は東京とも名古屋とも近く、立地の面では他の地方に比べて有利な土地であるため上に述べたような工場や倉庫といった事業が起こしやすいのではないかと考えられます。

したがって静岡県で事業承継を行うのであればこのような事業であることが大事であり特に東京や名古屋といった大きな産業がある都市との連携が非常に重要となってきます。

具体的には都市圏へのアクセスをより便利とするために新幹線通勤や高速バス移動なども労働条件として加えるといったことも考えるべきであります。

以上から考えますとポイントを抑えれば静岡県でも事業承継を行う事は難しくなくむしろ他の地方に比べては有利な条件であると考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です