企業買収とは企業が別の既に存続している企業を株式の購入や金銭で買い取り、その経営権を取得する方法を言いM&Aと一般的には呼ばれています。

企業買収を行う意義は事業規模を拡大することが最大の理由であり、事業規模を拡大する方法では別の企業を買収することでその企業が持っていた市場を譲り受けるというものや、自分の会社が持っていなかった技術や業主のノウハウを持つことで他の分野に進出する足掛かりにするという場合もあります。

日本ではM&Aは当事者双方が話し合って友好的に協議が進められて企業買収が行われるケースが多いのですが、海外では資本力で株式を大量に購入して経営権を移譲させる敵対的買収が多くあり、日本でも敵対的買収が行われるようになりましたが、就業している会社に対する考え方が海外と日本では異なっているため、日本では敵対的買収をしてそれがうまくいくというのは限られています。

現在の日本で多く行われている企業買収はベンチャー企業で革新的な考え方をしている企業が資金不足に陥り、その企業の技術を評価した資本力の高い企業による資本提携によるM&Aが盛んに行われるようになってきました。

この方式では買い取る側は新しい技術を持つことができて新規事業に乗り出すことができ、買収された側も資金という根本的な問題が解決されて自分たちが行っている事業を継続できるため、両社にメリットがあって友好的な企業買収になっています。

ただし買収された側の経営者は退陣や影響力の低下といったデメリットが発生しますが、そこで働いている従業員の雇用を確保してくれるなど社員にとっては意義のあるものになっているのは間違いありません。

これからの企業買収は大会社が魅力的な事業を展開している企業を傘下に収めるという方式が多くなっていき、買収というよりも提携という意味合いが強くなっていくでしょう。

企業といっても人間が動かしているものなので、企業買収を行う場合には特に日本では人間が持つ感情について留意していく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です